TOSO LIVING HOUSE

東総安心住宅

生きつづける安心、
未来まで。
長期優良住宅[東総安心住宅]

Real “House of ideal” is built from the land where you live

今なら補助金

100万円!!!

長期優良住宅とは、2009 年に国が定めた「長く安心して暮らせる住まい」としての新基準。
そこに地元の木材を使うなどの独自ルールを組み合わせ、東総ならではの住宅としてブランド化したのが[東総安心住宅]です。
災害への備えや環境への配慮について、国の基準をさらに高めた住まいは、さまざまな補助金や金利優遇などの対象にもなります。
詳しくはお問い合わせください。

体感できるモデルハウスはこちらへ(匠の平屋ページ)

10年で約140棟 総支給額1億4000万円以上

メリットMerit

1うれしい補助金100万円

当事業は、地域型住宅ブランド化事業に採択されております。東総安心住宅を建てると国から100万円の補助金が支給されます。

2液状化判定付き地盤調査

一般住宅の場合はオプションとなっている、液状化判定調査をお付けしています。また10年間の地盤保証もお付けいたします。

3現場立ち入り検査の実施

本来、認定長期優良住宅は現場検査は行われませんので、設計通りに行われているかは、請負者に起因し、工事品質が担保されているわけではありません。東総安心住宅では、外部の第三者機関(国の認可団ベターリビング)による現場立ち入り検査を実施します。工事の品質にも一切妥協いたしません。(オプションルールとして実施)

4大きな節税メリットの享受
  • フラット35金利優遇
    当初10年間は0.3%の金利引き下げの対象となります。
  • 登録免許税
    所有権の移転登記・保存登記の登録免許税が軽減されます。
  • 固定資産税
    1/2となる軽減期間が5年に延長されます。(一般住宅の場合は3年)
  • 所得税(長期優良住宅)
    所得税控除対象限度額が3,000万円にUP。10年間の最大控除額が300万円。(一般住宅の場合は200万です。)
  • 地震保険料の引き下げ
    耐震性の高い長期優良住宅は、一般住宅に比べ地震保険料が引き下げの対象となります。

下記条件を満たす住宅が
補助金対象となります。

長期優良住宅の条件Conditions of long-term quality housing

耐震性

地震に強く、
倒壊しにくい安心の家

耐久性能(劣化対策)

構造や骨組みの
しっかりした長く住める家

維持管理・更新の容易性

メンテナンスの容易な家

住戸面積

必要な広さが確保された、
暮らしやすい家

省エネルギー性

地球にやさしく、
家計にもやさしい家

居住環境

地域のまちなみと調和した家

維持保全

維持保全管理、
住宅履歴情報の整備

 

「東総安心住宅」の特長Features of “Toso living house”

1

液状化に対応した
地震に強い
家づくり

2

日光や風を取入れた
環境にやさしい
家づくり

3

ライフスタイルの
変化に対応する
家づくり

4

地域のつながりが
強くなる家づくり

SNSでシェアする